• HOME
  • サービス紹介
  • お申込の流れ
  • よくあるご質問
  • ご入会はこちら

AIU保険会社 個人賠償責任保険

1.この保険(補償)の仕組みについて

この保険はFLCイノベーション株式会社(以下 弊社といいます)を団体契約者としてAIU損害保険株式会社(以下 引受保険会社といいます)と契約されます。被保険者(保険の補償を受けられる方をいいます。以下同様とします。)は、以下の通りとなります。

保険商品 被保険者(補償を受けられる方)の範囲
交通事故障害保険 プレミアムプラス会員ご本人のみが対象となります。ご家族は補償の対象ではありません。
個人賠償責任保険 1)プレミアムプラス会員ご本人 2)ご本人と生計を共にする同居のご家族 
3)ご本人と生計を共にする別居の未婚の子(下宿されている学生など)

注)交通事故傷害保険では、別表にご案内の「交通常用具」を、業務(お仕事)として運転される方の業務中の事故は保険金お支払の対象とはなりません。
(例:タクシー・バスの運転手が、その運転中(業務中)に交通事故を起こされた場合はこの保険の対象とはなりません。)

2.被保険者(プレミアムプラス会員)ごとの保険(補償)対象期間

入会特典である無料期間が終了する月の翌月1日が補償開始日となります。
例)入会特典である無料期間が1ヶ月の場合で、2014年4月15日に入会したら、補償開始日は2014年5月1日です。また、プレミアムプラス会員契約終了日をもって補償も終了致します。

3.【交通事故傷害保険】の概要

(1) 交通事故傷害保険 保険金をお支払する主な場合

補償の対象となる方が、日本国内又は国外において次の事故に遭いケガ(骨折、やけどなど)をした場合に補償の対象となります。
①運行中の交通乗用具との衝突・接触などの交通事故
②運行中の交通乗用具に乗っている間の事故
③交通乗用具の火災
④交通乗用具の乗降場構内(駅の改札内)にいる間の事故
⑤道路通行中に、作業中のクレーン車やフォークリフトなどとの衝突・接触などの事故

◆交通乗用具

分類 交通乗用具
陸上の乗用具

汽車、電車、気動車、モノレール、ケーブルカー、ロープウェイ、いす付きリフト

注)ジェットコースター、メリーゴーランド等遊園地などで専ら遊戯施設として使用されるものは除きます。
またロープトウ、ティーバーリフトなど座席装置の無いリフトなどは除きます。

自動車(スノーモービルを含みます。)、原動機付自転車、トロリーバス、人もしくは動物の力又は
他の車両によりけん引される車、そり、身体障碍者用いす、乳母車、ベビーカー、
歩行補助車(原動機を用い、かつ、搭乗装置の有る物)

注)作業機械としてのみ使用されている間の工作用自動車、遊園地などで専ら遊戯用に使用される
ゴーカートなど、一輪車、三輪以上の幼児用車両、遊戯用のそり、スケートボード、キックボード
(原動機付きのものを含む)は除きます。

空の乗用具 航空機(飛行機、ヘリコプターなど)
水上の乗用具 船舶(ヨット、モーターボート、水上オートバイ、及びボートを含みます。)
その他の乗用具 エレベーター、エスカレーター、動く歩道 ※注)立体駐車場のリフト等専ら物品輸送用に
設置された装置等は除きます。

(2)お支払する保険金

保険金の種類 お支払いする保険金
死亡保険金 対象となる事故が原因で事故の日から180日以内に亡くなった場合にお支払します。
後遺障害保険金 対象となる事故が原因で身体に障害が残った場合に、障害の程度に応じて
保険金額の4%~100%をお支払いします。

(3)保険金をお支払できない主な場合

① 急激かつ偶然な外来の事故によらないケガ(心臓発作での転倒によるケガなど)
② 上記別表にご案内の「交通乗用具」を、業務(お仕事)として運転される方の業務中の事故
③ 次の事由または事故によるケガ

・故意または重大な過失
・自転車・バイクなどの無資格運転・酒気帯び運転
・戦争・革命・内乱・暴動
・グライダー・超軽量動力機等に搭乗中の事故
・運行中の乗用具に極めて異常かつ危険な方法で乗っている間の事故
・通常の道路以外での交通乗用具による競技・競争・練習中の事故
・交通乗用具の荷の積込み・積卸し・整備。清掃などの業務による事故

・自殺行為
・地震もしくは噴火又はこれらによる津波
・核燃料物質・放射線・放射能
・職務または実習のために船舶に乗船中の事故
・自家用航空機を操縦または職務搭乗中の事故

④むちうち症、腰痛などのうち画像検査等で異常が認められないもの

4.【個人賠償責任保険】の概要

(1)保険金をお支払いする主な場合

日常生活に起因する偶然な事故や、居住住宅およびその敷地内の動産の所有、使用または管理に起因する偶然な事故によって、
他人にケガをさせたり、他人の物を壊して法律上の損害賠償責任を負った場合に、損害賠償金などをお支払いします。(国内外補償)
 例)・自転車で走行中、歩行者にぶつかりケガをさせた
   ・アパートで水漏れを起こし、階下のお宅の家具を汚してしまった
   ・日常生活が原因の事故(散歩中飼い犬が他人に噛みついてしまった)

(2)お支払いする保険金

① 損害賠償金(1 事故につき所定の契約保険金制度)
② 訴訟・弁護士費用など(お支払いできる額に条件が適用される場合があります。)
※損害賠償額の決定や訴訟・弁護士費用などの支出にあたっては、事前に保険会社の承認が必要です。

(3)保険金をお支払できない主な場合

次の事由によって生じた損害に対しては、保険金をお支払できません。

・故意
・自動車・バイクの所有・使用・管理に起因する事故
・特別な約定により加重された損害賠償責任
・他人から借りたもの預かったりした財物に対する損害賠償責任
・地震もしくは噴火またはこれらによる津波

・仕事上の損害賠償責任
・心神喪失による損害賠償責任
・同居の親族に対する損害賠償責任

など

※注)個人賠償責任補償におきましては、既にご加入の別の保険契約にてこれらと同種の補償をセットされている場合には、 補償が重複することがありますのでご注意ください。(自動車保険や火災保険等にセットされる個人賠償責任補償特約等。) なお、同種の他の保険契約がある場合でも、実際の損害額・ご負担額を超えて保険金をお支払いすることはございません。

5.事故が発生した場合

事故発生時のご注意

①ケガをされた場合は、その原因となった事故の日よりその日を含め30日以内にFLCサービスデスクにご連絡下さい。  正当な理由がなく、事故の発生の日から遅滞なくご連絡を頂けない場合、保険金を削減してお支払いする場合がありますので、ご注意下さい。

②個人賠償責任に関する事故におきましては、賠償事故が発生した場合の示談について必ず事前に保険会社にご相談下さい。  保険会社は被害者との示談、調停などの法律行為を行うことはできませんが、被害者からの損害賠償請求に対して、  その解決のための助言、協力を行うことができます。損害賠償金額の全部または一部を被害者に対して承認しようとするときは  必ず保険会社に通知を頂き承認を得て下さい。

6.ご加入の保険金額・支払限度額について

補償項目 保険金額又は支払限度額
交通傷害保険 死亡保険金 200万円
交通傷害保険 後遺障害保険金 傷害の限度に応じて200万円の4%~100%
個人賠償責任保険 2,000万円限度

※上記の内容は概要を記したものであり、実際の保険金のお支払いの可否は、別途、AIU損害保険株式会社普通保険約款および
特約条項に基づきます。詳しい内容のお問い合わせについては、FLCサービスデスクまでご連絡下さい。

【連絡先】

※サービス全般のお問い合わせ先です。保険に関するお問い合わせは、「2」を押してください。
なお、土日祝祭日・年末年始は休業となりますので、ご了承ください。

<提出書類>
1. 保険金請求書
2. AIU保険会社が保険金を支払うために必要な事項の確認にかかわる同意書
3. AIU保険会社の定める事故状況報告書
4. 示談書、その他これに代わるべき書類
5. 損害を証明する書類
6. 被保険者を証明する書類
7. 委任を証する書類および委任を受けた者の印鑑証明書(保険金の請求を第三者に委任する場合)

引受保険会社 AIU 保険会社

※サービス内容および提供条件は、改善等のため予告なく変更する場合があります。
※記載されている会社名、製品名およびサービス名は、各社の登録商標および商標です。
※記載の価格は税込価格です。

ページTOPへ

閲覧専用になりますのでお申し込みはできません。